2015,12,10 「これまでユノネホウボウを応援してきてくださいました皆様へ」

 

※スマホ版が見にくい場合はこちらからPC版をご覧いただけます。


開催概要
ブログ

「これまでユノネホウボウを応援してきてくださいました皆様へ」



ユノネホウボウ2011~2015、5年に渡り代表を務めてまいりました安達健より、
この度皆様に大切なお知らせをいたします。

率直に申しますと、

先の12月6日に持たれましたユノネホウボウ2016実行委員会準備会において、
2016年度のユノネホウボウの開催は断念するという決定をいたしました。

作家自らが、その現場から声を上げようと、2011年に始まったユノネホウボウ。
やきもの長屋での3回、川沿いのパーキングでの2回、
我々なりに理念を掲げ、知恵を絞り手足を動かして、その実現を試みてきました。
回を重ね、外目には順調な成長を遂げて落ち着いてきたようにすら見えるユノネホウボウではありましたが、
実状はどうなのか。
ここにきてあらためて、ユノネホウボウとは何であったか、これまでがどうであって、これからはどうあるべきか
前実行委員で整理し直し、話し合った結果、ここで一旦締めくくるという判断に到りました。

皆様のこれまでのご支援、これからへのご期待には心から感謝しておりますし、

この決断はそれを裏切るようで心苦しい限りではありますが

人手や資金、注げる時間等のけして潤沢ではない中、

それをも克服するだけのモチベーションを逞しく育てることができなかったことも偽らざる事実です。
力不足というよりほかありません。
そういった意味では、大変申し訳なく思っております。

ただ、準備会の中で、また異なった形での可能性も垣間見えましたし、

これを機に何が生まれないとも言えません。
ユノネホウボウとしては一区切り。
けれど、我々の中だけでなく皆様の中にもその先はきっとあるものと思っております。

始めたことを終わらせるのは、常に寂しさを伴いますが
これまで繰り返してきたように、ユノネホウボウはきっかけの場。
さらなる先に繋がるものを思って、このことをも次へのきっかけとプラスに考えていただけたら幸いです。
決定を下した手前、僕らもそうでなければと心に念じております。


ユノネホウボウはこれにて終了となりますが、今後ともどうぞよろしくお願いします。




2015年12月10日
ユノネホウボウ実行委員会代表 安達 健